行事の案内

令和元年(2019年)度 主要行事の案内


●2019年9月1日(日)中心日 秋「シギ・チドリ類調査」
●2019年8月24日(土) ツバメねぐら入り観察会
●2019年5月24日(金)~25日(土) 黒岳探鳥会
●2019年5月18日(土) バードウィーク探鳥会(大分地区)





2019年秋「シギ・チドリ類調査」


 2019年9月1日(日)を中心日として、秋の「シギ・チドリ類調査」を実施します。
(日程は、幹事さんの都合で前後に変更されることがあります。)

 たより「9月号」での掲載が間に合わない為、今回はホームページでのご案内となりますが、各地区担当の連絡先等については、たより「3月号」を参考にして下さい。

※シギ・チドリ類調査を終えられましたら、研究部・シギチ担当の幸まで報告お願いします。





ツバメねぐら入り観察会


             ツバメのねぐら入り観察を実施します 

 大分市の中心部でツバメ10,000羽が塒入り(夜に寝る場所)します。ツバメは、春から夏にかけて人家の軒先などに巣を作り、子育てを行います。
 巣立った若鳥たちは、昼間は市街地周辺で過ごし、夜は近隣の河原に集結して、集団ねぐらを形成します。
 詳しい理由はわかっていませんが、ヘビやタカ、カラスから身を守る説や餌採場所の情報交換をしている説もあります。
 場所は大きな川の河川敷や遊水地などの湿地に生えているヨシ原の他、とうもろこし畑や駅の上に張りめぐらされた電線などがあります。
 大分市では三号埋立地や六号埋立地などで、かつては集団ねぐらがありましたが、今では環境の変化等で大分川舞鶴橋と広瀬橋の間の葦原(岩田町岩田高校前)が観察できる場所として残っています。

※昨年はねぐらが三号埋立地に移動したようで、岩田町の葦原は僅か100羽ほどしか見られませんでした。本年も期待が持てるか疑問ですが、以下の要領で実施しますので、夕涼みがてら参加してください。
 西の空に綺麗な日没が見られます。


開催日 2019年8月24日(土)

(1)集合時間・場所 18:30 大分川右岸 滝尾橋下流岩田高校前の河川敷
                     (※野鳥の会の旗が目印です)
(2)解散時間・場所 20:00 上記同じ場所
(3)交通 自家用車(現地に駐車場は無いので各自で確保してください)
(4)主催 日本野鳥の会 大分県支部
(5)参加費 無料
(6)持ち物 服装 虫除け対策(長袖シャツ・長ズボン・虫よけスプレーなど)懐中電灯、あれば双眼鏡
(7)小学生と保護者、一般市民の方参加歓迎。事前申し込みは不要です。
 ※保険の関係で当日受付で参加者名簿に記入していただきます。
(8)雨天の場合は中止します。

幹事:江口 初男(携帯 090-3666-9089)



ツバメの観察に参加しませんか?(NPO法人 バードリサーチ)
ツバメ観察全国ネットワーク
   





黒岳 夜の鳴き声を聴く探鳥会と早朝探鳥会

『夏鳥を探そう:さえずりを聴こう!』



(1)日時 2019年5月24日(金)18:00~25日(土)9:00
 ※24日(金) 18:00~ 鳴き声を聴く探鳥会
 ※25日(土) 5:00~ 男池からかくしみずまでの早朝探鳥会
(2)開催場所 由布市庄内町 男池
(3)集合時間・場所 24日(金)18:00 男池駐車場
(4)解散時間・場所 25日(土)9:00 男池駐車場
(5)参加費 無料 ※男池清掃料\100-が必要です。
(6)持ち物 筆記用具、雨具、あれば双眼鏡 飲み物 お弁当(食堂無し)
     防寒具(夜はかなり冷え込みます)

(7)主催 日本野鳥の会 大分県支部
(8)連絡先 衞藤 民子(携帯:090-5742-5159)



観察が期待できる鳥
ゴジュウカラ、ヒガラ、コガラ、ミソサザイ、カワガラス、オオルリ、キビタキ、オオアカゲラ、カッコウ、セグロカッコウ、ツツドリ、ジュウイチ、クロツグミなど。
夜はトラツグミ、ジュウイチ、オオコノハズク、ヨタカの声が聴こえるかも。


※小雨・雨天中止
夜は山には入りません。
宿泊は車中泊とします。トイレの使用は可能ですが、火は使えませんので食べ物、飲み物、懐中電灯を持参してください。夜の行動は各自の責任で事故、トラブルの無いようにお願いします。






バードウィーク探鳥会 大分地区

『高尾山自然公園で野鳥観察を楽しもう!』


山野の鳥、水辺の鳥を身近で楽しむことができます


(1)日時 2019年5月18日(土) 10:00~12:00
(2)開催場所 大分市高尾山自然公園
(3)集合時間・場所 10:00 高尾山自然公園 第2駐車場
(4)解散時間・場所 12:00 上記同じ場所
(5)参加費 無料
(6)持ち物 筆記用具、雨具、あれば双眼鏡・図鑑
(7)主催 日本野鳥の会大分県支部
(8)連絡先 幸 徳行(携帯:090-4357-1115)

※小雨決行・雨天中止

観察が期待できる鳥
シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、運が良ければカワセミ・キビタキ・オオルリに会えるかもしれません。










   
inserted by FC2 system